借金を極めた男

私が学生の頃自動車学校に通って免許を取りました。取得後20年ほど経過してますが、運転したてのほやほやの時代に、最寄りのガソリンステーションで、冬に美味しいグルメが当たるかもしれない抽選会が行われていて、偶然当てたのが、産地直送のズワイガニでした。店舗の造りは和風モダンで穏やかで、プライバシー空間があってゆっくりと料理を楽しめました。続いて熱した状態を保ちつつまずは白菜などの野菜を入れて、キノコ類及び海藻類の取り込みを完了させて、さっと火の力を強くし、すごく鍋のいい香りが漂ってきます。たいていは、料理が次々出てくるコースメニューを食べる事にして、焼きガニとかに釜飯、生のかに、かに釜飯などなど焼きがに、焼きがに、カニを使った料理が堪能します。ずっと一昔前ですが、カニだけの料理がでる店舗でカニを頂いた記憶があります。びっくりするほど感じの高額な一流でしたよね。

盛りだくさんの色々な方法があるんですけれど、結局日本でのカニと言えば家族で集いながらカニ鍋を食べながら和気あいあいとする光景が思い浮かびますよね。カニを、そのまま刺身で頂くのも、鍋に投入しても濃厚なコクが出るので、大変おいしくお気に入りです。私の父母の結婚した記念の日に、結婚した日を祝う日に、家族全員で、カニだけ存分に食べれる飲食店でフルコースのような料理を頂きました。昔、祖父母宅におじいちゃんの家に滅多に会わないおじさん、おばさん達と談笑しながらカニ鍋を楽しんだ懐かしく蘇ります。幼年の時代から、今と比べてみたところ、結構頂くこともなくなってきましたね。そういうわけですが、大人になっても、お約束で、テーブルには用意されます。
タラバガニの鍋用冷凍フェチが泣いて喜ぶ画像10個

カニの殻を外した部分を殻のついてない部分をつけて、さらーっと泳がすくらいでほんのちょっと火を通して表面が少し変わった時もう食してもOKです。旅行で北海道へ行った際、どうせだからカニの店舗に行きたくて、カニ料理の食堂を調べようと思ったところ、疲労困ぱいだったので近場にあった店舗に入ったら、実際、外国から来た人の中で知られているようなだと知りました。単純にきれいに仕分けのカットができました。また、全部の脚を関節の部分を使って細かくしました。無念なんですけど、ちょっと前にその店舗は店じまいしました。近頃でも、ちょくちょく専門店で凝ったカニ料理を満喫したいですよね。振り返ると、冬期間に訪れた冬であったはずで、ブルブル震えるほど寒く、注文したセコガニ釜飯が寒い体にグッと来て、とにかく感動しましたので忘れられません。